青の記憶(16)恋

「青、入るぞ~」

アンスロポスはのっそりと部屋に入ってきた。


「どうぞ、どうぞ」

青はアンスロポスに笑顔で言った。


アンスロポスは椅子に座ると青を見た。

「また、教えてほしいことがある」


「はい、今度は何でしょう」

青は笑顔のまま答えた。


星は静かだったが、ひそひそ話が聞こえる。


「人は恋をして誰かを好きになったりするだろう」

「あれには意味があるのか」

「傷つくだけで辛いことだと言う人間もいる」

「だが、それは素敵なことだという人間もいる」

「恋をするということはどうなんだ」

アンスロポスは低い声でそう言った。


「人が誰かを好きになるのは自然なことです」

「それが起こるのは自分に足りないものを求めるからです」

「自分ひとりでは不完全で、誰かで足りないものを補いたいのです」

「それで人を好きになり恋に落ちます」

「二人ならば、きっとそれで完全になると思うから」

青はコホンと咳をして続けた。


「ただ、二人が恋をしてつながりを持っても」

「それで完全になることはありません」

「足りないものを補うということは、本当は心の問題なのです」


「人が何かが足りないと思って見つけなければならないものは」

「本当の自分自身です」

「本当の自分自身とつながることだけが人を完全にします」


「他の誰かとつながってもその思いを満たすことはできません」

「その人がどれだけ素晴らしい人だとしてもです」

「だから、いつか恋は覚めていき、この人ではなかったと思います」

「そして別の人を探しますが、結果は同じことです」

アンスロポスは黙って聞いている。


「もちろん、恋をすることは悪いことではありませんよ」

「恋をするなということではありません」

「それはそれで、人間の素敵な営みだと思います」

「ただ、そのことをもっと掘り下げていくと」

「恋することで、いったい自分は何を求めているのだろう」

「そういうところにぶつかります」

「この疑問が恋の本質的なところです」

「いったい、誰と恋したなら自分は完全に満たされるのか」

「きっとそう思います」

「問題はそこのところです」


アンスロポスは落ち着かない様子で腕を組んだ。

「青の言っていることは何となく分かる」

「だがな、恋している時にはそんなこと思えないぞ」

「相手が素敵な人なら、これが人生の最高のことだと信じる」

「それで人生はバラ色になると思うし」

「そうでなくなっても、バラ色にしなければと頑張るものだ」

「そうして、二人で完全に満たされようとする」

「そういうことでは駄目なのか」

アンスロポスはそう言って青を見た。


星のひそひそ話はいっそう大きくなった。


「まあ、それは否定しませんよ」

「でも、本当に満たされる相手が心の中にいるのに」

「それをみすみす見過ごしてしまうのもどうかなと」


「むしろ、自分に不足しているものを補って完全になってから」

「それから恋をすれば、もっと楽しいのではないかとも思えますがね」

「そうすれば、相手に自分の不足しているものを求める必要がないですから」

「恋に夢中になっても、それは純粋に素敵なことになります」

青は微笑みながらアンスロポスを見つめた。


「うむ、確かにそうかもしれないな」

「相手に完全にしてもらおうとすると」

「満たされなくてイライラすることもある」

「そういうことなのか」

アンスロポスは腕組をして目を閉じた。


星は人々の声でざわついている。


「誰かとつながりたいという思いは本質的で正しい欲求です」

「でもその対象は見極めなければなりません」

「もし、それが本当の自分のことだと見極めて」

「自分が本当の自分とひとつになったのなら」

「誰かと恋に落ちても」

「それがどうあれ満たされることに変わりはありません」

「ただ、相手に捨てられる可能性はありますがね」

青はそう言って笑った。


「それはそれで傷つきそうだな」

アンスロポスも苦笑いをした。


「そうかもしれませんね」

「でも、自分は満たされていますから」

「失恋しても満たされています」

「それは失恋したということだけです」

「ところで、アンスロポスさんは誰かに恋をしたのですか」

青はアンスロポスを冷やかすように聞いた。


「いやいや、そういうことではない」

「まあ、仮定としての話だ」

アンスロポスはそう言って頭を掻いた。


「やっぱり、あれだな」

「自分とは誰なのかというところに話は戻るんだな」

「…また来る」

アンスロポスは立ち上がって、部屋を出ていった。


星のざわつきは収まったが、まだひそひそ声が聴こえる。

ときどき小さな笑いが起こっている。


青はそれを聞いて静かに微笑んだ。


空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。