青の記憶(15)死

「青~、ちょっと教えてくれー」

アンスロポスはそう言って、青の部屋に入ってきた。


「あ、はい、どんなことでしょう」

青はアンスロポスを迎え入れた。


アンスロポスはドカッと椅子に座って言った。

「死ぬって何なんだ」

「何でオレたちは死ぬんだ」

「それが分からん」


星は静かだったが、

少しだけ落ち着きがない様子だ。


「そうですね」

「確かに人間は死にます」

「そして、たいていの人は死ぬことが嫌だと思っています」

「だから、長く生きたいと願いますね」

青はアンスロポスに同意するように言った。


「そうだ」

「オレたちは突然生まれてきて突然死んでいく」

「これは、あれだな、生きる者としては納得できないことだ」

アンスロポスは腕を組んで青を見た。


「ただ、どれだけ抵抗しても死ぬことは避けられない」

「これはどうしようもない事実ですね」

「では、死ぬという問題をどう受け入れればいいかというと」

「それは、誰が死ぬのかを知るところにあります」

青はアンスロポスを見て言った。


「誰が死ぬかだって!」

「それは自分に決まっているじゃないか」

「それで死ぬことの問題がどう解決されるんだ」

アンスロポスは青の言っていることが分からない。


「その自分ですよ」

「アンスロポスさんは自分が分かってきたじゃありませんか」

「自分とは誰でしたっけ」

青はアンスロポスに思い出すように促した。


「うむ、自分とはそこにいる自分だ」

「これだって、死んだらなくなるんじゃないのか」

アンスロポスは自分のことを覚えていた。


「そうです、その自分ですが」

「それは身体や心ではないので死ぬことはありません」

「死ぬどころか、それは生まれたこともないんです」

「生まれたことのないものは死ぬこともありませんよね」

青は当たり前というように話をした。


「話としては分かるが、どうやってそれを確信するんだ」

「そう自分は死なないと思い込んでも、どこかに疑いがあるぞ」

「誰もが人の死んでいく姿を目のあたりにするからな」

「それでもあの人は死んでないと言えるか分からん」

アンスロポスは腕組を解いて顔を青に近づけた。


星が少しだけざわついている。


「その確信を持つために瞑想をするんです」

「瞑想で、自分とは誰かの確信を持たなければ」

「この話は、本当にただのお話にしかなりません」

青は穏やかな顔でアンスロポスを見た。


「自分が誰かという確信か」

「それがないと、死ぬことも分からんということだな」

アンスロポスはまた腕組をして目を閉じた。


「そうです、そうしないと話になりません」

「本当の自分を知ったとき、死ぬということの意味も分かるでしょう」

「死ねば体は活動をやめて、記憶は失われるでしょう」

「でも、自分が消えることはありません」

「そのことを生きているうちに知れば」

「自分が死ぬことはないと分かるでしょう」

「そうして初めて、いまを生きるということも分かります」

青はそう言って少し微笑んだ。


「そうか…」

「じゃあ、死ぬということが分からないということは」

「オレはまだ自分を知らないということか…」

「ふむ、ではまた来る」

アンスロポスはそう言って立ち上がると部屋を出ていった。


星が騒がしくなった。

そして、また静かになった。


青はそれを聞いて、頷きながら微笑んだ。


空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。