青の記憶(14)運命

「青~、来たぞ~」

アンスロポスはそう言うと、

いつものように椅子にドカッと座った。


「ああ、いらっしゃい、アンスロポスさん」

青は笑顔で出迎えた。


星は何かを待つように静まり返っている。


「ところでだ、青」

「人生を自分の思い通りにすることなんかできるのか」

アンスロポスは困惑している目で青を見た。


「人生を自分の思い通りにすることはできませんよ」

「そんなことできるわけないじゃありませんか」

青はそうきっぱりと言った。


「じゃあ、オレたちは何で頑張っているんだ」

「それは人生を自分の望む姿に変えたいからじゃないのか」

「それは無駄なことなのか」

アンスロポスは分からないという顔で青を見た。


「人生で頑張るのは頑張りたいからです」

「それは無駄なこととかではなく」

「頑張るということがその人の決められた運命なんです」

青はそう言ってアンスロポスを見た。


「運命だから頑張るのか」

「じゃあ、人生を思い通りにしたいと思うことも」

「それも運命なのか」

アンスロポスはまだ腑に落ちないようだ。


「そういうことですね」

「だから、人生を思い通りにしょうと思うことは」

「別に悪いことじゃあありません」

「それが運命ですから」

青はアンスロポスの様子をうかがった。


星が少しざわついている。


「ふむ、じゃあ、運命ってなんだ」

アンスロポスはまだ引かない。


「運命とはその人の既に決まっている物語です」

「それを変えることはできません」

「一冊の本のように、それは完結しています」

「ただ、物語の先を読むことはできません」

「その人は今のページの物語を進めていくだけです」

青は静かにそう言った。


「人生は本みたいなものか」

「先が読めないなら」

「本人にとっては決まってないようなものだな」

「だから、頑張りたければ」

「頑張れば良いのか」

アンスロポスは少し分かった気がした。


「その通りですね」

「人生を思い通りにしようとしたり」

「運命を変えようとしても良いということです」

「ただ、人生は運命として既に決まっているという事実はあります」

青はそう言ってアンスロポスを見た。


「じゃあ、何か決まってないことはあるのか」

アンスロポスは青を見て言った。


「決まってないことはありません」

「ただ、自分が誰かを知ることは運命を超えることになります」

「もちろん、自分を知ることも運命に従うしかありませんが…」

「もし、本当の自分が誰かを知ったなら」

「この運命がどうあろうとも」

「それで自分が変わることはなくなります」

「自分が誰かを運命任せにする必要はなくなるんです」

青は穏やかにアンスロポスを見た。


「ほう、なるほどな」

「じゃあ、本当の自分を知れば」

「どんな運命であっても自由ということだな」

「だから運命を思い通りに変えようとする必要さえない」

「青、そういうことか」

今日のアンスロポスは素直に見える。


「そういうことです」

「今日はなかなか理解が早いですね」

「本当の自分を知ったなら」

「自分の望むように人生を生きれば良いんです」

「ただ、運命は変えられないし」

「本当の自分はそれでいいと知っています」

青は笑顔でそう言った。


「だから、自分を知ることは大事なのか」

「ふむむ…」

「まあ、今日はこのくらいにしておくか」

そう言って、アンスロポスは部屋を出ていった。


星はすぐに騒がしくなったが、

それは歌のようにも聞こえた。


青は少し優しい気持ちになった。

空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけます。それを自分の拠り所にすることで、人はその真実と共に蘇り、新しい自分として生きることを始めていきます。