青の記憶(10)名前

「青、オレだー」

アンスロポスはそう言って、部屋に入ってきた。


「ああ、どうも…」

青は少しボーっとしている。


星はシンと静まり返っている。


アンスロポスは椅子にドンと座った。

「青、自分が個人かどうかの話だ」

「あれはな、まだ良く分からん」

「だけどな、名前があるかどうか」

「それは無いということは分かった」

アンスロポスは落ち着いた口調でそう話をした。  


「名前がないというところは分かったんですね」

「それだけでも、大きな進歩ですよ」

青はそう言うと、両手を上に伸ばして大きなアクビをした。


「なんだ、眠いのか…」

「それでだ、名前がないと個人じゃないと言えるのか」

「そこが分からん」

アンスロポスは大丈夫かという目で青を見た。


「ええ、ちょっと寝起きなもので。失礼…」

「えっと、あの話ですね」

「それは、名前がない個人というところがポイントですね」

「そこが個人になるか、個人じゃないかの境目みたいなものです」

「名前がついた途端に、それにはいろいろなものがくっつき始めます」

「名前がないそれは、本来何もくっつきません」

「それはそれだけで完結しているからです」

「つまり、今でも名前のないそれには何も付いていない」

「アンスロポスさんは、名前のないそれにくっついたものが」

「個人のように見えてしまうんじゃありませんか」

「だとしたら、名前のないそれは」

「名前がついた個人にされているということになりますね」

青は、どうでしょうと言って、アンスロポスを見た。


「えー、何だか頭がこんがらがるな」

「つまり、名前のないそれは」

「名前がないという時点で個人じゃないってことか」

「そう分かったとしても、なんか釈然としないんだが」

アンスロポスはまだ納得できないという表情だ。


「ふむ、それは多分…」

「名前がないそれでさえも」

「自分にくっついた何かのように感じているからでしょう」

「アンスロポスさんは、それにくっついたものを個人としてみる」

「その向こうにある名前のないそれも、くっついたもののひとつに見える」

「だから、それを個人ということにしたくなるんですよ」

青はアンスロポスに噛んで含めるように話した。


「だから、それは個人じゃないということか」

「自分を客観的に見ようとするからこんがらがるんだな」

アンスロポスは合点がいったようだ。


「その通りです」

「よくお分かりになりました」

青は笑顔でそう言った。


「でも、それを話で分かってもしょうがないんだろう」

「オレはそう分かっても、分かってないぞ」

アンスロポスは腕を組んでそう言った。


「それも、その通り」

「本当の自分というものは言葉の説明ではないですから」

青は、なかなか良く分かってらっしゃると言った。


「それを実際に分かるためにはどうすればいいんだ」

アンスロポスは困惑した顔で青に聞いた。


「それはもう、瞑想するしかありません」

「言葉ではないんですから」

「言葉でないものを理解することができるのは瞑想だけです」

「瞑想でよくよく吟味してください」

青は当然のようにアンスロポスに話した。


「やっぱりそうだよな…」

「どれどれ、帰って瞑想するか」

アンスロポスはそう言うと立ち上がって部屋を出ていった。


星はだんだんと騒がしくなっていった。


そしてまた静かになった。

青はそれを聞いて、静かに笑みを浮かべた。

空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけます。それを自分の拠り所にすることで、人はその真実と共に蘇り、新しい自分として生きることを始めていきます。