青の記憶(9)壁

「青ーーーっ」

「教えてくれ」

アンスロポスが無表情で青の部屋に入ってきた。


「はいはい、なんでしょう」

青がアンスロポスに答える。


「このあいだの話、自分が個人かどうか」

「あれは、いくら瞑想しても流石に分からんな」

アンスロポスは困った顔をして椅子に腰掛ける。


星は静かだったが、

落ち着きのない空気を放っている。


「まあ、そう簡単ではないでしょう」

「ここがひとつの大きな壁で」

「これを超えられた人はほとんどいません」

青は静かな口調でアンスロポスに言った。


星が小さくざわめいた。


「やっぱり、そう簡単じゃないんだな」

「だけど、どうしても糸口がつかめん」

「瞑想していても、わけが分からなくなる」

アンスロポスはこめかみを指で押さえた。


「そうですね、考えすぎると分からなくなるかも」

「だいたい、そんな感じになって諦める人がほとんどです」

「すぐ近くまで分かっているのに」

「どうしてもそれをはっきりと理解できなくて」

「本当の自分を手放してしまうんです」

「それで本当に自分を見失って」

「また自分でないものを自分にすることに戻っていきます」

青は淡々と話をする。


「まあ、そういうことなんだろうが…」

「ところでだ、個人と個人じゃないって」

「いったい何が違うんだ」

「どっちも自分の中でのことだろ」

アンスロポスは手を頭の後ろで組んでふんぞり返る。


「そうですね…、違いですね」

「ではひとつ」

「個人は名前がついていますが」

「個人じゃないものには名前がありませんね」

「アンスロポスさんが個人だと思っているところは」

「名前がついていますかね」

青は、これは大きなヒントかなと言った。


「名前とか、ますます分からなくなるな」

「みんな名前がついているだ…ろ」

「ん…、そうでもないか」

「もともと、誰も名前なんかなかったんだ」

「つまり、名前を取ればいいんだな」

「でも、それって、どういうことだ」

アンスロポスは分かりそうで分からない。


星がざわめいている。


「いいセンいってますよ、アンスロポスさん」

「瞑想で分かる自分って、名前がありますか」

「そのあたりを吟味してみてはどうでしょう」

青は、良いヒントを与えすぎたかと思った。


「ああ、なんか分かりそうな気がしてきた」

「ちょっと星に帰って瞑想してくる」

アンスロポスは少し慌てながら立ち上がると星に帰っていった。


星が騒がしくなった。

意見が割れているようだ。


青はそれを聞いて、

小さくうなずきながら微笑んだ。

空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。