青の記憶(8)個人

「青ー、話しに来たぞー」

アンスロポスはいつものように無遠慮に部屋に入る。


「ああ、どうぞどうぞ」

青がそう言った時には、

すでにアンスロポスはどかっと椅子に座っていた。


「青、あれだ、このあいだの」

「自分が個人かどうかというの」

「あれはやっぱり個人だろう、どう考えても」

アンスロポスはそう言って、青の目を覗き込んだ。


「アンスロポスさん、本当の自分は個人ではないですよ」

「それが分からないなら、まだ吟味が足りないようです」

青はキリッとした目でアンスロポスを見た。


星は静かだったが、

一斉にゴクリとノドを鳴らす音がした。


「青はそう言うがな」

「オレは自分の中を辿っていって」

「そこで自分の中心を知ったんだ」

「だから、それは個人の中心ということになる」

「つまりそれは、個人だろう」

「個人以外ではありえない」

アンスロポスも譲らない。


「確かにあなたが言っていることは間違ってないです」

「でも、それは自分の中心というところで」

「自分個人を超えてしまうんです」

「それに気が付きませんでしたか」

青はアンスロポスに流されない。


「自分なのに自分じゃないということか」

「なんて面倒くさいんだ」

「そんなことも知らなければならないのか」

アンスロポスは天を仰いだ。


星も心なしか残念そうにざわついている。


「まあ、それを知らなくても生きていけますが」

「それだと、生きているのが誰か知らないままになります」

「そんなの本当に自分が生きているといえますか」

「ちゃんと自分を知らないと」

「ずっと中途半端で定まるものも定まらないんです」

青はアンスロポスに諭すように言った。


「自分の中のことなのに自分じゃないなんて」

「いったい、どうやって理解すればいいんだ」

「瞑想すれば、それが分かるのか」

アンスロポスは心が折れかけている。


「こればかりは、瞑想して自分で分からなければなりませんね」

「それが分かれば、その先に進めます」


「自分を知るということは単純なことですが」

「本当にそれを理解しようとすると」

「アンスロポスさんのように抵抗があるものなんです」


「それは当たり前のことですから」

「悪いことではありません」

「むしろ良いことなんです」

「そこから本当の意味で自分を知ることが始まりますから」


「瞑想はその理解のための手助けをしてくれます」

「自分の瞑想だけが」

「偽りのない真実を示してくれますよ」

青はアンスロポスを励ますように言った。


「むむぅ、そうか…」

「じゃあ、また瞑想してくるか」

「自分が個人かどうか確かめるなんて」

「おかしな話だと思うがな」

アンスロポスは少し不満げに部屋を出ていった。


星がまた騒がしくなった。


青はそれを聞いて、さてさてどうなるか、

そう小さく呟いて微笑んだ。

空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけます。それを自分の拠り所にすることで、人はその真実と共に蘇り、新しい自分として生きることを始めていきます。