青の記憶(2)星の声

私は青(あお)と呼ばれている。

本当は名前などないのだけど。

でも、青と呼ばれることは嫌いじゃない。


私は普段、話しをすることはない。

話し相手もいないから。

黙ってここにいるだけ。


たまに星から声が聞こえる。

それは大きな怒鳴り声や小さなささやきだ。

それがいくつも混ざっていて騒がしい。


何を言っているか分からないから、

私はただそれを聞いている。


たまに「青」という声が聴こえる。


それが私のことだと分かる。

「青」と呼ばれていると分かる。


その声に応えるべきかどうか。

黙っていたほうが自分らしいから。

私はいつもそのままにしておいた。


そうしている間に星はグルグル回り続けた。

あるとき、星から「青」と大きな声で呼ばれたので、


つい「何でしょう」と応えてしまった。

そう応えると、星の騒がしい声は一斉に黙った。


まるですべての口が閉じたかのように静かになって、

それで私のどこかとつながった。


そして、星の言葉が私に届けられた。

空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけます。それを自分の拠り所にすることで、人はその真実と共に蘇り、新しい自分として生きることを始めていきます。