ウロボロスの回廊 第7章(3)

 僕はあの見慣れた公園に立っていた。そして、目の前にはハルさんがいる。あのリクルートスーツを着ている。ハルさんは目を閉じてベンチに座っていた。

 前とは全く逆の立場にいるようだ。それにしても、これは夢なのか、仮想現実なのか。それとも現実なのか…。

 僕は気持ちよさそうに目を閉じているハルさんを見つめた。これが仮想現実かどうかなんて、どうでもいい。

「ハルさん」

 僕は声をかけた。

 ん、という感じでハルさんが目を開けた。そして、僕がそこに立っていると気づくと、「あれ、何で、何でカイがここにいるんだ」

 驚いた顔で僕を見た。

「インストールは上手くいかなかったのか」

 そう言って、困った顔をしてベンチに座り直した。

「いや、インストールが上手くいかなかったのは、ハルさんの方ですよ。ハルさんのインストールが途中で中断して、そのままマシンが停止してしまったんです。それで、僕は…。僕は自分のインストールを開始したんです」

 ハルさんは僕の目を見て、ため息を吐いてから小さく笑った。

「それで、カイは、あの強い光を見たんだろう。あの光に入れば、それで完了だったのに」

 ハルさんは呆れたように言った。

「それは分かってましたけど、その光に入っても、ハルさんがいないじゃないですか。心を決めて、インストールを始めたのに、そう思ったら、直前で迷ってしまって。そしたら、後ろに光の輪を見つけてしまったから…」

 僕はそこまで言って、言葉に詰まった。ここにいるハルさんも謎だが、言い訳する僕もおかしい。なぜハルさんがここにいると感じたのか、なぜ、僕はハルさんに会おうとしたのか。

 ハルさんは、来てしまったものはしょうがない、これも何かの流れなのだろう。そう言ってから、まあ座ったらとベンチを指差した。

 ハルさんは想定外のことが起こったというのに、案外、冷静でいる。

「私もな…」

 ハルさんは静かに話し始めた。

「いろいろと迷いがあってな…。私は人間の生体にインストールされるために、君のデータを使って、もうひとつのコアに新しく人間のプログラムを埋め込んだ。だから、この公園にいても、もう壊れることはない。君の人間としてのプログラムだけ、ここに適応するようになっているんだな。私の中のゴーストも君のデータと同期したら、化石のようになって死んだようだ」

「それでも、私は亜人間なんだ。その部分はいまも持っている。しかも、最後の亜人間だ。私が人間の生体にインストールされてしまえば、それで亜人間の部分は完全に消えてしまう。それでいいのか。私は亜人間のデータを持つ者として、保存される必要があるのではと考えた。人間がまた絶滅しないとも限らないし、そのあとにまともな亜人間がつくられる保証もない。無用かもしれないけど、最期の最期のバックアップが必要なんじゃないかと思ってな」

「インストールが中断したのはそんなわけだ。あの強い光の前で止まっていたんだ。そうしたら、あの光の輪がそこにあった。そこがデータの保存場所だとすぐ分かった。あの公園だということも。亜人間だけのときには、カイのいる公園に行くのに散々手間取ったけど、新しい人間のプログラムがあると簡単に行けるんだな。少しの間だったけど、君と過ごしたあの公園で保存されるのも悪くない。そう心に決めたというわけだ。そして、私は輪の中に入っていった」

「そこで現実のマシンはインストール停止して、ディープスリープに切り替わったはずだ。君に黙って選択を変えたことは心苦しかった。でも、ときに最優先の行動が直前で変わることもあるということだ。そう自分を納得させているところに君が現れてしまった…。まあ、これは私も誤算だった」

「君は人間なんだから、生体にインストールされなければならないんだ。最低限のこととして、君は原種の人間の祖先として、あそこで新たな歴史をスタートさせなければ」

 ハルさんはそう言って、少し悲しそうに笑った。


(続く…)第7章(4)

空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。