ウロボロスの回廊 第7章(2)

 小さな機械音だけがいつまでも小部屋に流れて、それ以外のことは何も起こらない。

 ハルさんの自我はこれで消失してしまったのか。そう認めなければならないのか。カプセルを見ても、何の変化もなかった。ただ、冷たい金属の光を放っているだけだ。

 どうすればいい。

 僕は小部屋の片隅に腰を下ろした。こんな状況になるなんて、考えてもいなかった。インストールが停止してしまうなんて。

 何だかんだ、ハルさんなら、きっと上手くやり遂げると信じていた。そして、カプセルから起き上がる人間のハルさんを僕は見るんだと、生体の人間同士で笑って、手を触れ合えると思っていた。

 そんな希望はただの幻になった。あっけないものだ。これから、僕は自分がどうするか選択しなければならない。

 このまま、ハルさんの思い出を抱えて、この小部屋で亡霊のように生きていくか。まあ、それもいいかもしれない。僕は自嘲気味に笑った。

 いったい、自分の人生に何の意味があるというんだ。人間の絶滅、そんなことは知ったことではない。生きている意味が分からなければ、再誕生に何の意味がある。

 それとも…、自分のインストールを始めていくか。

 亡霊のように生きていくことはできる。でも、ハルさんはそれを望むだろうか。ハルさんは自分の身の危険を冒してまで、マシンの最深部へ僕を目覚めさせにきた。きっと僕が人間として起動することを望んでいるだろう。

 それなら、ハルさんが望むなら、その選択をするか。そうすることが、今の僕にできることだ。

 僕は壁に10と書かれているパネルの前に立った。僕はこの中にいるんだ。両手を壁について、そのまま目を閉じた。

 そして、あの公園でやった日なたぼっこのように、心の中に感覚を移していった。どうすればこの仮想世界を破れるか、僕に思いつくことはこんなことぐらいだ。

 小部屋の中の小さな機械音、それはハルさんの心臓の音のような気がした。だんだんとその音が遠ざかり、僕はそこに立っているという感覚もなくなっていった。

 いつの間にか、僕はあの小部屋から離れて、暗く静かな空間を浮遊していた。物音一つしない深い静寂が僕を包んでいる。僕はそこで微かな流れに乗っていた。

 その流れに任せていると、遠くに白い光が見えた。まるで宇宙空間から見た太陽のように、それは静寂の中で力強く輝いている。

 僕はそこに向かって運ばれているようだった。きっと、あの光が人間の生体への入り口だ。そこに入れば、僕は生体にインストールされる。そう感じた。

 僕はインストールに成功しそうですよ。心の中でそうハルさんに話しかけた。一瞬、あのホッとする笑顔を思い出した。

 僕はどんどん光に近づいていった。強い光によって暗闇は破られ、その光りに塗り替えられていく。

 その眩しさに、僕はふと後ろを振り返った。そのとき、そこにもうひとつの入り口があるのを見つけた。それは光の輪のようだ。

 それを気にして見つめていると、「そっちに行ってはいかん」あの雷のような大きな声が空間に響いた。

 それは分かっている。だけどそれは、今じゃない。僕は自分の向きを光る輪に向けた。僕は何やっているんだ。自分でも何だかわからない。

 思いの外簡単に、僕はそちらに流れていった。これはあの深いところに沈んだときの感覚に似ている。

 私は光る輪に近づき、そしてその輪の中に吸い込まれていった。その中に入った途端、

僕は襟首をつかまれて、引っ張り上げられた。いままでの穏やかな流れとは違っている。深海から海面へと急浮上させられたようだ。

 そして、気がつくと大地に降り立っていた。


(続く…)第7章(3)

空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。