ウロボロスの回廊 第6章(4)

[前に十人目の亜人間が起動しなかったと言ったのは…]

[あれは、君のことだ…]

[人間のプログラムをみだりにマシンで起動してはいけない…]

[亜人間は人間からそう命令されている…]

[人間は生体にこだわったんだな…]

[だけど、私はそのプログラムを起動しに行った…]

[そうしなければならない事態だと判断したからだ…]

[そして君を深い眠りから覚まして、そしてここまで連れてくる必要があった…]

[君は厳重にプロテクトされたマシンの最深部で起動して…]

[そして、インストール手順の最終段階まで来たんだ]

[だけど、起動の最終段階は、君が自分で目覚めなければならない…]

[そこは人間の選択に任されている…]

[ここから先、私は手出しできない…]

[君はここまできた…]

[あとは人間としてマシンの中で自発的に目覚めて…]

[そして、もうひとつの生体にインストールされれば…]

[君は人間として本当に目覚めることになる…]

 ハルさんは話を続けた。

[私が先にインストールされるのは…]

[もし失敗したら、そこで手順の修正ができるからだ…]

[インストラーが私の失敗を解析して…]

[君が安全にインストールされるように操作する…]

[君には確実に目覚めてほしいからな…]

 僕はまだ絶句していた。驚くことばかりだ。僕はここにいて、ここにいないのか。それを理解するには、かなりの時間が必要だ。

 だが、それを理解するほどの時間はないのも分かっている。ハルさんはもう機能停止しかかっている。ここまできたら、ハルさんの言う通りにするしかない。

「ハルさん、僕が生体の人間でないということは、まだ理解できないです。でも、もうハルさんの言う通りにします。で、僕はここからどうすればいいんですか」

 もうどうにでもなれという心境だ。ここで何を抵抗するというのか。

[ありがとう、カイ…]

[冷静でいてくれて…]

[君がかなり混乱するのを予想していたから…]

[まずは私のインストールの終了を確認してくれ…]

[それから、自力で目覚めるんだ…]

[10のパネルの中へと意識を移して…]

[こればかりは、うまく説明できない…]

[ぶっつけ本番だ…]

[覚悟を決めてやるしかない…]

[君はそれを知っているはずだ…]

[それから、インストールが始まる…]

[もし、君のインストールが失敗したら…]

[私も連動して人間の中で機能停止する…]

[もちろん、君のプログラムも消滅する…]

[それで終わりだ…]

 ハルさんは事実を冷静に説明した。

「ハルさん、ひとつだけ、聞いてもいいですか」

 最後かもしれないから、聞けることは聞いておこう。

[いいよ…]

 そう、パネルに表示された。

「もし、僕がインストールを拒んだらどうなるんですか」

 僕にはその選択肢もあるはずだ。

[もし、その選択をしたなら…]

[私はいつか機能停止し…]

[君はこの現実と仮想現実の混ざった小部屋で…」

[ひとり亡霊のように生きることになる…]

 ハルさん、答えてくれて、ありがとう。これで気持ちが吹っ切れた。インストールしないという選択はないということだ。

 それをハルさんも知っているから、ここから次につなげていくために、迷いなくインストールに向かうんだ。

「ハルさん、僕の気持ちに迷いはないです。やりましょう」

 僕をどこまでも気遣ってくれるハルさんを安心させたい。自分が人間かどうかなんて、もうどうでもいい。

[ありがとう、カイ…]

[では、また会えることを願って…]

[もし、人間として目覚めた私に会ったなら…]

[優しくしてくれよ…]

 もちろんですよ、と僕が答える前に、

[インストール:開始…]

 ハルさんの画面にそう表示された。相変わらず、自分のペースでいくなあ。僕は何だかおかしくなって、ひとりで笑った。


(続く…)第7章(1)

空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけます。それを自分の拠り所にすることで、人はその真実と共に蘇り、新しい自分として生きることを始めていきます。