ウロボロスの回廊 第6章(3)

「ハルさん、それって、成功の確率はどのくらいなんですか」

 やはり成功率は気になる。人工知能なら、そのくらい簡単に計算しているはずだ。

[確率とか、聞かないでくれ…]

[分かっていることは、やるしかないということなんだ]

 僕は気まずい気持ちになった。

「あっ、すみません…。そうですよね」

 僕は小さくため息をついて下を向いた。そうだ、今からそれをするのはハルさんなんだ。

[まあ、気持ちは分かるよ…]

[さて、私のインストール作業だが、それは自分でできる…]

[君は見ているだけでいい…]

[インストールが終わったら、画面にそれが表示される…]

[そのときに私はここにはいない…]

[カプセルの中の人間の生体に入っている…]

[カプセルはそのまま放置しておいて構わない…]

[成功しても、すぐに起き上がるわけではないからな…]

[失敗したら、いつまでもカプセルは開かない…]

[そのときは、察してくれ…]

[そういうことだ…]

 ハルさんの失敗という言葉が重く心に響く。

「では、僕は待っていればいいんですね」

 ここまでは僕のやることはなさそうだ。

[そうだ…]

[そして、次にインストールされるのはカイだ…]

 …、僕はハルさんが何を言っているのか分からなかった。

「えっ、どういうことなんですか。僕は、その、ここにいますよ」

 思わず、ハルさんに聞いてみる。僕は人間としてここにいるのに、また人間にインストールって。意味がわからない。

[これを伝えるのは心苦しいが…]

[君は人間なんだが、その、人間のプログラムなんだ…]

 どういうことだ、僕がプログラムのわけないじゃないか。僕は言葉を失った。

「ハルさん、幾らハルさんでも、それは信じられないことですよ」

 僕はハルさんにそれは冗談と言ってほしかった。ちゃんとそこに自分の身体だってある。僕は思わず手足を目で確認した。やっぱり、そんなわけがない。

[多分、君はそれを理解できないだろう…]

[だけど、事実はそうなんだ…]

 僕の身体が薄い光を発していることは知っている。まるで幽霊みたいだって。僕は人間ではないのか…。

 でも、人間の僕がどうやってこの小部屋に来ることができたのか。もし、自分がプログラムなのであれば、説明がつきそうだ。

 公園での出来事、あれは全部、マシンの中の仮想現実の中で起こっていたこと。この小部屋もそうか。余りにも現実感がありすぎるけど。

 そういうことなら、もともと、過去なんかなかったというわけだ。最初にハルさんが言っていた時間の尺度が違うって、そういうことか。僕はずっとこのマシンの中にいて、そこでハルさんと会っていた。

 僕もハルさんと同じマシンの中にいる人工知能みたいなもの…。そういうことなのか。


(続く…)第6章(4)

空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけます。それを自分の拠り所にすることで、人はその真実と共に蘇り、新しい自分として生きることを始めていきます。