ウロボロスの回廊 第5章(2)

 ああ、ハルさん。おかえりなさい。これは幻なのか。僕は心の中でそう呟いた。

 まるで当たり前のように、ベンチの隣に笑顔で座っているハルさんを見て、だんだんと実感が湧いてきた。

「無事…だったんですね」

 僕はやっとそう言うことができた。

「ああ、心配だったか」

 ハルさんは、あははと笑った。

「笑い事じゃないんですけど…。でも、無事で良かったです」

 僕がそう言うと、ハルさんは、心配かけて悪かったな、と申し訳なさそうに笑って、

僕の肩を軽く叩いた。

 そして、すぐに真顔になった。

「カイ、実はこうして君に会うのはこれが最後になる」

「えっ、そうなんですか」

 やっと会えたと思ったら、もう会えない話かと、僕は気落ちした。

「そうだ。これから一発勝負で新しい人間を起動する。もう、亜人間は私だけになってしまった。私が最後のひとりなんだ。この場所にいる私を守ってくれる仲間もいない」

「実は、既に向こうの世界で、人間を起動するプログラムをアクティブにしてきた。既に新しい人間が誕生する手順が始まっている。私がここにいるのもその手順のひとつだ。こうして君と話しているのもそうなんだ」

 僕は話が見えてこなかった。ただ、ハルさんの話に耳を傾けた。

「それには君の助けも必要になる。新しい人間がちゃんと起動するかどうか。それから、誕生しても絶滅しないようにコードを書き換えられるかどうか。そのためにはひとつのミスも許されない。もし、どこかでプログラムが止まってしまったなら、人間は起動しないかもしれない。あるいは、起動しても、絶滅に向かわせるゴーストは取り除けないかもしれない。最高に上手く行けば、いままでの人間ではない、本当に新しい人間が誕生する可能性がある。それがどういう結末になるかは、すべて君の選択と行動にかかっている」

「でも、失敗してもいい。それならそれが運命だったということだ。ただ、君が感じるままに手順を進めてくれればいいから」

 ハルさんは最後にそう笑顔で言って、僕の目を見つめた。ハルさんはやれることをすべてやりきったんだろう。そんな清々しささえ感じる顔をしている。

「僕にかかっているとか、良く分からないですが、いったい何をすればいいんですか」

 僕の役目は責任重大みたいな言い方だし、不安な顔でハルさんに聞いた。

「ああ、そうだな。ちょっと待ってくれるか。君の顔をよく見ておきたい」

 ハルさんはそう言って、僕の顔を両手で挟さむようにして触れた。そして、微笑みながら僕の目をじっと見た。何か本当に最後みたいで、僕は困った顔しかできなかった。

「私を信じてほしい。それだけだ」

 ハルさんの黒い瞳が僕とつながっている気がした。

「さて、始めようか」

 ハルさんは僕の顔から手を離した。

「やることは、前みたいに手をつないで、そして一緒に目を閉じるだけだ。そこから先は、成り行きに任せていこう。君の周りの準備は既にできている。ただ、君はそこでいろいろな事実と直面することになるけど、それを受け入れて冷静に行動してほしい。カイ、創造主と同じ名前を持つ君なら、きっと上手くできると信じている」

 僕は何が起こるのか不安しかない。何が上手くできるのか、さっぱり分からない。でも、僕にできることはやらなきゃという気持ちでいた。

 ハルさんはきっともう死期を悟っているんだ。最後の亜人間か。そうは言わないけど、あの笑顔の向こうにある覚悟めいたものを感じる。そこで僕が引けてはいられない。

「分かりました。ハルさんを信じて、言う通りにやってみます」

「ありがとう、カイ。では、手をつないで、目を閉じるよ」

 ハルさんの温かい手を感じた。何てホッとするぬくもりなんだ。


(続く…)第5章(3)

空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけます。それを自分の拠り所にすることで、人はその真実と共に蘇り、新しい自分として生きることを始めていきます。