ウロボロスの回廊 第4章(4)

「うん、そうだ、あの話をしなければならなかった」

 ハルさんはそう言って話し始めた。

「君のデータを解析して面白いことがわかった」

 カチッとクリック音がした。それに構わず、ハルさんは話し続ける。

「君のデータの中にゴーストの痕跡を見つけたんだ。ゴーストは検知水準を超えたとことにいるから、捕まえることが不可能。前にも話したと思うが…」

「たとえ運良くそれらしいコードを検知したとしても、すぐに逃げられてしまう。そこに痕跡だけを残してな。その痕跡には二種類ある。それは巣穴のようになっているか、あるいは化石のようになっているか、そんな違いだ」

「巣穴の場合は、そこを出入りしていて、ついさっきまでそこでゴーストがプログラムを操作していた、そんな痕跡だ。化石の場合は、ゴースト自体が死んでそこにいる。もう、ゴーストとしての生命力はなくて、何の機能もしない痕跡だけになっている」

「私たちが偶然でも見つけることができるのは巣穴だけだ。だけど、その巣穴を幾ら見つけても意味はない。もうゴーストはそこにはないからな。私たちをあざ笑うかのように、生温かさのようなものを残して、きれいにいなくなっている」

「で、君のデータから見つかったのは化石の痕跡だった。ゴーストはそこで死んでいた。まさに君の中で。この痕跡については、実は伝説みたいな話でしか聞いたことがない。私が目にするのも、もちろん初めてだ」

 ハルさんは、とても興味深いと言わんばかりに目を輝かせて僕の目を見る。

 カチカチッとクリック音がした。

「なぜ、ゴーストはそこで死んだのか、それが分かれば、新しい人間のプログラムにその要素を埋め込める。そうすれば、人間を絶滅から救えるかもしれない。そこでだ、君のこと、もっと深いところまで調べさせてほしい」

 ハルさんはそう言って身を乗り出した。急に顔が近づいたので、僕はちょっと戸惑った。

 僕の中で、そんなことが起きているなんて、もちろん知らないし、自覚もしてない。

でも、何かの役に立つのであれば。

「分かりました。では、どうすればいいですか」

 深いところと言われても、僕がそれを差し出すことはできない。

「ありがとう。では、また一緒に目を閉じてくれるか。君が一緒にやろうと言ってくれた、日なたぼっこだっけ、あれがなかなか良さそうなんだ。あと、こうしていてもデータは取れるが、もっと深いところを探るには身体が接触していた方がいい。ただ、手を握ってもらえればいいから」

「そんなんでいいんですね」

 僕は差し出されたハルさんの手を握った。柔らかくて温かい。亜人間であっても、人間のそれと変わらない。

 僕が、これで良いんですか、とい言うと、あははっとハルさんは照れるように笑った。

「では始めよう」

 ハルさんは改めて真面目な顔でそう言うと目を閉じた。僕もベンチに深く腰掛け、同じように目を閉じた。

 僕はハルさんの手の感触、皮膚の接触面が気になったが、意識を大きく外に向けた。風を感じて、日差しを感じて、木々の奏でる音を聞いた。そして、それらが消えていって、頭の中が空っぽになっていく。

 カチッとクリック音が三回響いた。ハルさんは大丈夫だろうか。一度、ハルさんの手の感触を確かめる。ぬくもりがそこにある。

 だけど、その感覚はすぐに消えて、僕は空っぽの中に引き戻された。空っぽの中に優しい風が吹いている。いま、ハルさんが僕の中で同調しているのが分かる。そして、少しずつ一緒に深みへと落ちていく。

 どこか遠くで声がした。「そこに行ってはいかん」と大きくて澄んだ声がそこに響いた。僕はその声を小さく笑いながら聞き流した。

 僕の空っぽはその風と戯れながら、どんどんと深いところへと落ちていった。深い海の底のようなところで、僕たちは止まった。こんなに深いところは初めてだった。多分、ハルさんと一緒だから来られたんだろう。

 ん、ここは。

 ここは何だ。

 そう思ったとき、誰かにつかまれて、強引に上に引っ張り上げられた。

 僕は、はーっと大きく引きを吸い込んだ。ベンチに座っている自分に戻った。あわてて目を開けた。

 隣のハルさんも苦しそうに大きく息を吸い込んで、そして目を開けた。

 二人の目が合った。同時に、あっと言った。

 クリック音が四回鳴った。

 その瞬間にハルさんが目の前から消えた。僕の手にぬくもりだけが残った。


(続く…)

空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけます。それを自分の拠り所にすることで、人はその真実と共に蘇り、新しい自分として生きることを始めていきます。