ウロボロスの回廊 第4章(3)

「あっ、ハルさん」

僕の顔もほころんだ。生きていたんだ。

「突然消えたから、心配してましたよ」

そう言って、僕は思わずベンチから立ち上がった。

「…時空接続ポイントにロック。安定度良好」

「…影響値40で強制離脱」

「…あとはこちらの判断でアウトする」

「すまんな。例の通信だ」

 ハルさんはそう言って、僕の顔を見て笑った。

「ハルさん、大丈夫だったんですか」

 僕がそう言うと、ハルさんは、いやあ、まいったよと頭を掻いた。

「あれは結構やばかったな。仲間が強制帰還をアクティブにしてくれなかったら、時間にやられていたかもしれない。気がついたら、向こうの世界だったから、私もびっくりだ。しかも、身体にダメージがあってな、ピクリとも動けなくなってた。それで、修復に時間がかかってしまった」

 ハルさんは苦笑いをした。

「そうなんですか」

 僕は心配声で言った。

「でもな、いろいろと収穫はあった。あの静かな時間のせいか、話をしていたせいか分からんが、君の良質なデータがかなり取れた。向こうの仲間も興味深げだったよ」

「ただ、その仲間も、帰ったら三人機能停止していた。亜人間もあと五人だけになった。私も時間のダメージで機能停止しかけたから、仲間に心配をかけてしまった。まあ、こうして回復したのは奇跡的だな。私が言うのも何だが」

 ハルさんはそう言って寂しげに小さく笑った。

「やっぱり大変だったんですね」

 僕はハルさんを黙って見た。それから二人はお互いに目を伏せて少し沈黙した。

 そうそう、ハルさんが話し始めた。

「人間を起動する準備はかなり整っていた。仲間もかなり頑張ったんだな。機能停止してしまった仲間も、直前まで人間の起動調整をしていてくれた」

「あとは最後のプログラム調整をどうするかだ。そこだけが空白になっている。このまま、何も加えずに起動してしまうか。それとも、絶滅を食い止める何かを加えるか。私が機能停止するギリギリまで待ってみるが、それが見つかるかどうか」

 そこで、ハルさんは、ちょっと座ろう、と言ってベンチに腰掛けた。僕も隣に座った。

「ハルさん、あの、聞いてもいいですか」

 そう言って、僕はハルさんの方に身体を向けた。

「こうしているときも、私からデータを取っているんですか」

 ちょっと気になっていたことだ。

「ああ、もちろん取っているよ。君から流れ出ている貴重なデータをしっかり受け取っている」

 ハルさんは当たり前というように話をした。

 ああ、やっぱりね…。だからといって、もう悪い気はしない。役に立つなら、何でもしてほしい。むしろ、そうしてデータを取ってくれていることがありがたい。僕にはそのくらいしかできない。

(続く…)

空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけます。それを自分の拠り所にすることで、人はその真実と共に蘇り、新しい自分として生きることを始めていきます。