ウロボロスの回廊 第3章(5)

 ハルさんは怪訝な顔で僕の話を聞いている。

「まあ、そう君が言うなら。前は中途半端になったしな。でも、亜人間はそういうことはしない。そうする意味がわからない。本当のところ、言葉は悪いが、バカげたことだ。私が知っている原種の人間のデータでも、そんなことしなかったようだぞ。君は同じ原種の人間だけど、変なことに興味があるんだな」

 クリック音が三回鳴った。

「それなら、逆にやる価値はあるかもしれませんよ。やってみましょう」

 思いつきだったことだが、僕はだんだんその気になってきた。 

 でも、クリック音が三回鳴ったぞ。ハルさん、大丈夫かな。前回のことが脳裏をよぎって、僕はちょっと心配になった。でも、何か危険があれば、仲間が助けるだろう。

「目を閉じればいいんだな」

 ハルさんはそう言って、目を閉じた。

「そうです。それで風とか暖かさとか音とかを感じて。ただ、それに任せて頭を空っぽにするんです」

 ハルさんが目を閉じる顔を確かめ、僕も隣で目を閉じた。

 そして、僕は世界を感じた。心地いい風が身体を通り抜けていく。日差しは優しく肌を温める。公園の木の葉が小さく音を立てている。鳥が遠くで鳴いている。頭の中から思考が消えて空っぽになる。自分もその空っぽになっていく。

 そのとき、また妙な感覚が起こった。僕はベンチから離れた場所にいいて、そこから二人が座っている姿を眺めている。何だこれは。僕は幽霊のようにそこにいて、しばらく黙って二人を見続けた。

 これは夢なのかと我に返った。いや、となりに座っているハルさんの気配は感じている。僕はここにいて座っている。大丈夫だ。そう確かめた。

 僕は落ち着くと、また空っぽの状態に戻っていった。どのくらい時間が経ったのだろうか。ここに誰も居ないのではと思うほど静かなことに気付いて、急にハルさんが心配になった。

 僕は目を開けて、ベンチの隣を見た。ハルさんはまだ目を閉じてじっとしている。

「ハルさん」

 僕は驚かさないように小さく声をかけてみた。

「ハルさん、ハルさん」

 全く動かない。僕はちょっと焦った。まさか、死んでないよね。

 クリック音が四回鳴った。

 ハルさんは目を閉じたまま、僕の目の前から忽然と消えた。

(続く…)

空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。