ウロボロスの回廊 第1章(2)

「何のためって、気持ちいいからですよ。リラックスするんです、こうしていると。リラックスするためには、何も考えない方が良いでしょう。考えたらリラックスにならないし」

 僕はせっかくの楽しみにしていた時間を、この女性に取られた気がしてちょっとイライラした。

 公園で過ごす状況はいつも快適というわけではない。寒すぎたり、風があり過ぎてもダメだ。爽やかで気持ちいいと感じる、そんな絶妙な日はめったにない。

 だが、今日は奇跡的に最高の状況だったのだ。それを楽しみたかったが、突然現れた見知らぬ女性との会話で時間を潰している。

 カチカチっと、また、あのクリック音がした。今度は二回だ。

「…おっと、レベル20か」

 女性はそう小さくつぶやいた。

「ふーむ、そんなこともするんだな。あっ、何か、ごめんな、君の大事な時間だったか」

 僕の言葉に何かを感じたのか、そう言って、女性は申し訳なさそうに微笑んだ。

「そうだな、確かに何も考えないという時間は大切かも。ちょっと興味がある。私もやってみるとするか」

 女性はそう言って、僕の隣で目を閉じた。

「なかなか良いもんですよ」

 日なたぼっこに興味を持ってくれたことで、僕の女性への好感度が上がった。

「そうして、ただ世界に身を委ねて、聞こえる自然の音とか風の感触とか、肌に染みてくる暖かさとかを感じるんです」

 僕は少し得意になって話した。

「君、なかなか詩人だねえ」

 女性は目を閉じたまま、そう言って笑った。

「ちゃんと何も考えずに、ですよ」

 僕は女性にそう言うと、隣で目を閉じた。

 いつも通りの静かな時間が流れていく。しばらくしてから、僕は不思議な浮遊感覚を感じた。この感覚は初めてだ。

 気がつくと、僕は少し離れたところから、二人がベンチに座っている姿をじっと見ていた。

 ハッとして、自分に戻ろうとする。そうすると、ベンチに座っている自分を感じた。隣に座っている女性の息遣いも聞こえる。

 どうなってるんだ…。少し心臓がドキドキする。でもまあ、そういうこともあるだろう。ちょっとした不思議な幻を見たんだ。僕はそう思い直して、静かな時間に感覚を戻した。

 しばらく何事もなく快適な時間を過ごしていたが、ふと、隣の女性が気になった。いま、この時間をどんなふうに感じているのだろう。

 そのとき、あのクリック音が三回鳴った。

 えっと思って、目を開けて横を見ると、隣に座っていたはずの女性がいなくなっている。キツネにでもつままれた感じだ。

 何だ、夢でも見てたのか。いや、そんなはずはない。確かに女性と会話していた記憶がある。でも、ベンチには誰もいない。

 僕は辺りをキョロキョロと見回した。やはり誰もいない。僕はまた目を閉じた。心の中に静かな時間の余韻がある。

 あの人がここにいないことは確かなんだし。きっと、気を使って静かに帰ったのかもしれない。僕はそう思うことにした。

 また、目を閉じて日なたぼっこに戻った。それにしても、ついさっきのことなのに、とても懐かしく思える。

 そして、ひとりの公園はこんなにも寂しいもんなんだなと、なぜかそのとき僕はそう思った。

(続く…)

空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけます。それを自分の拠り所にすることで、人はその真実と共に蘇り、新しい自分として生きることを始めていきます。