ウロボロスの回廊 第1章(1)

 その日、僕は公園に出かけた。外は思わず笑顔になるほどのいいお天気だった。こういう日は、プラタナス並木のベンチに座って、ただ目を閉じて日差しや風を感じるのが気持ちいい。

 それは時が止まったような至福の時間だ。今時分はプラタナスの葉が芽吹き始めて、公園には新緑の香り豊かな風が舞っているはずだ。

 僕は公園に着くと、早速、お気に入りのベンチに座った。ベンチは柔らかな日差しに程よく暖められている。そして、僕はいつものようにそこで目を閉じた。

 肌を温める日差しを身体に受けて、至福の時間の中へと入っていく。今日は最高の日なたぼっこ日和だ。

 そう思っていたとき、何をしているんですか、と声がした。僕に声をかけているのだろうか。そう思いながら目を開けると、見知らぬ女性が立っていた。

「何をしているんですか」

 もう一度、女性は僕に尋ねた。

「いや、何をしているかって、日なたぼっこをしているんですよ」

 僕はぶっきらぼうに答えた。

「はあぁ」

 そう言うと、女性は眉間にしわを寄せて目を細めた。女性は黒いパンツスーツ姿で、求職活動中の学生のような格好をしている。

「…影響値レベル30で強制帰還」

 女性は横を向いて、そう独り言のように言った。

「ところで、」

 また僕の方に顔を向けて、女性は話し始めた。

「ところで、ちょっと君と話をしてもいいかな」

 そう言いながら、僕の横に座った。何となく断れない圧力を感じる。

「まあ、はい、どうぞ」

 僕はそう言いながら、これはどうしたものか考えた。

「いま、目を閉じていたでしょ。あれは何なの」

 女性は真顔で聞いていくる。

「あれは、ですから日なたぼっこですよ。誰でもよくやるでしょう」

 僕は若干引き気味で答えた。

「へえ、誰でもよくやるんだ。で、そのとき何を考えているの」

 女性は不思議なことを聞いてくる。そんなこと、どうでもいいことじゃないのか。

「いや、何も考えてませんよ。ただ、聞こえる音とか風の動きとか、日差しの暖かさとかを感じているだけです」

「ふーん、そうなんだ。でも、何も考えていないということがよく分からないなあ。そもそも、何のためにそんなことしているの」

 女性は本当に不思議そうな顔をしている。

 そのとき、カチッと乾いたクリック音がした。

「…ふむ、もうレベル10か」

 女性は独り言を小さく呟いた。


(続く…)


空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけます。それを自分の拠り所にすることで、人はその真実と共に蘇り、新しい自分として生きることを始めていきます。