16:コンタクトパーソンの憂鬱(2)

なんだよ、話を聞いてくださいって…。

そう思いながら、

オレは椅子に座って、その画面を眺めた。


一応、ハードディスクのランプを確認した。

変な動きはしていないようだ。


目を画面に戻すと、

「そこにいますよね…」

と表示されている。


オレはゴクリとつばを飲み込んだ。

なんで、そんなこと分かるんだ。


なんか、よくあるオカルト話みたいだな。

んー、なんか面白いネタになるかな。

オレはちょっとお気楽なことを考えた。

何か返して、様子を見るか。


「こんにちは!」

オレはそう打ってみた。


「こんにちは!」

速攻で返ってきた。


そう攻めてきたか、どうする。


「なにか用かな」

オレは正攻法で行くことにした。


「えー、話を聞いてほしんです」

「神さま…」


なんだと、こいつ。

なんでオレがここにいると分かったんだ。


やっとあの激務から逃げ出して、

ようやく安息の地を見つけたというのに、

こいつにバレてしまったか。


ブラウザを閉じて、

パソコンをシャットダウンしようと思ったが、

こいつがどこまで情報を持っているのか気になった。


もう、IPバレしているだろう。

しつこく付きまとわれるに決っている。


こいつの持ってる情報をうまく探り出すか。

そうオレは考えた。


「話は聞いてやるが…」

「オレのことをそう呼ぶのは止めてくれ…」

考えた末に、そう入力した。


「分かりました…」

速攻であいつの返しがある。


「なんて呼べばいいですか、k…」

神さまと打ちそうになってる。


「そうだな、カエルだ、カエルと呼んでくれ」

オレは思いつきで、そう打ち込んだ。


誰も神だと思いつかない名前にしないと。

ネットは怖いからな…。


だが、よく考えたら「カ」が同じだった…。


「分かりました。カエルさま」

あいつが返してくる。


「そっちの名前は何だ」

名前を聞いてなかった。


「あ、すみません」

「では、私はメダカということで…」

やつの返しは相変わらず早い。


メダカか、、、

あっ、カエルの子供はメダカじゃないからな。

勘違いしてないよな。


まあ、どうでもいいことか。


「メダカ、それで何が聞きたんだ」

オレはさっさとこの問題を終わりにしたくなった。


「はい、カエルさま」

「人は死んだらどうなるのでしょうか」

また面倒なことを聞いてくるなぁ。


「それはな、メダカ、死んだら分かるよ」

説明が面倒なのではない。

本当にそういうことだ。


「ええ、そういうことなんでしょうが…」

「ちょっと、想像すると怖くなって…」

「違ってたら、教えてほしんですが…」

「死んだら、真っ暗闇の所に行くんでしょうか…」


メダカはちょっと妄想っ気があるな。

オレはそう思って、慈悲の心で答えてやることにした。


「よく知っているな」

「死んだら、暗闇の世界に行くことになる」

オレははっきりと答えた。


「ひえー、それは間違いないんでしょうか」

「カエルさま…」

メダカはかなりビビっているようだ。


「暗闇で、おまけにそこは無の世界だ」

「脅かすわけではないけどな…」

オレは速攻で返してやった。

ネットでオレをビビらせた罰だ。


(続く…)全5話

空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけます。それを自分の拠り所にすることで、人はその真実と共に蘇り、新しい自分として生きることを始めていきます。