16:コンタクトパーソンの憂鬱(1)

その夜、

オレはいつものようにネットで時間を潰していた。


ブックマークされているサイトを回って、

あれこれと見ているうちに時間が過ぎていく。


いつの間にか深夜になっていた。


それそろ寝ないとマズイなぁ。

そう思ったとき、何やら勝手にウィンドウがパッと開いた。


あっ、これはマズイやつだな。

そう思って、オレは慌てて閉じた。


どこで踏んだかなと思ったけれども、

すぐに忘れて、その後も気ままにネットを眺めていた。


だが、それはいつの間にか裏で開いていた。

ブラウザの枚数が増えていたので気がついた。


おいおい、と思いながら、

それをアクティブにするとチャット画面のようだった。


そこに、「話を聞いてください…」と表示されている。

オレは気持ち悪くなって、すぐに閉じた。


興ざめして、ブラウザも閉じた。

念のため、パソコンの電源も落とした。


今日は終わりだ。


さて、寝るか。

オレはベッドで横になった。


さっきのことが気になる。


ネットにはいろいろあるから。

こんなことも起こるさと、

自分を落ち着かせようとした。


まさか、妙なウィルスじゃないよな。


パソコンが立ち上がらなくなるとか…。

変なトラブルはゴメンだ。


そんな妄想をしているうちに、

オレは眠ってしまった。


オレの仕事は365日、24時間営業だ。

休日はない。


だが、忙しいわけではない。


翌朝、目が覚めて、パソコンのことを思い出した。

気になって、すぐに起動してみた。


小さな機械音を鳴らしながら、

いつものように起動していく。


とりあえず、ひと安心だ。


オレはトイレに行って、洗面所で歯を磨いた。

冷たい水で顔を洗うと、スッキリ爽やかな気持ちになった。


部屋に戻って、パソコンを見ると、

何かいつもと違う。


ブラウザが立ち上がっていて、

いつものホームではない画面が開いている。


あれ、昨夜と同じあやしげなチャットのサイトだ。


そこには、

「話を聞いてください…」

そう表示されている。


ヤバイ、ヤバイと

速攻で閉じてしまおうかと思ったが、

マウスを動かす手を止めた。


オレはちょっと好奇心が出てきた。


(続く…)全5話


空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけます。それを自分の拠り所にすることで、人はその真実と共に蘇り、新しい自分として生きることを始めていきます。