15:ドライブする夢(8)

あら、目が覚めたの。

マギーさんの声がした。


僕は走る車の中にいた。


まただ…。

ここで何かを見つけないと、

これは永遠に続くぞ。


僕は椅子に座りなおすと、

辺りをキョロキョロ見回した。


その様子がおかしかったのか、

マギーさんは、あははっと笑った。


どうしちゃったの。

変な夢でも見たの。

マギーさんは吹き出しそうな顔で僕を見る。


僕は我に返って、冷静になろうと努めた。

前を見て深呼吸をした。


相変わらず砂漠の中の道を走っている。

見慣れた道だ。


マギーさんはハンドルを握ったまま、

チラチラと僕を見て怪訝そうな顔をする。


マギーさん、ここはどこなんですか、

教えてください。

僕は真顔でマギーさんに聞いた。


マギーさん…って、馬鹿に今日は丁寧ね。

そこにここはどこって、

昨日、森を抜けて海までドライブしようって、

そう話してたじゃない。

マギーさんは、何言っているのと言った。


そう、そうだったね。

僕は話を合わせた。

これはあのマギーさんじゃない。

何を言ってもダメだ。


あっ、と言ってマギーさんは前方を指差した。

あれ、ちょっとまずそうね。


道路の先に砂埃が舞い上がっている。

あれは…、砂嵐だ。


茶色い雲の壁がすごい勢いで空高く膨れ上がっていく。

あれに巻き込まれたら…。


マギーさんは車をUターンさせると、

砂嵐から逃げるように車を走らせた。


空はどんどん暗くなり、

周りの景色も陰っていく。


砂嵐に追いつかれる。

もう、避けることはできなさそうだ。


マギーさんは車を道路の端に止めた。

窓をしっかりと締めて迫る砂嵐に備えた。


マギーさんは僕の手を握って肩を寄せてきた。


茶色い砂雲が車を飲み込んだと思ったら、

視界がまったくなくなった。


激しい風で車がガタガタと揺れる。

シャーッと砂が車を打ち付ける甲高い音が車内に響く。


黒い影が近づいてきたと思ったら、

巨大なクジラだった。

車スレスレをかすめていった。


車はどんどん積もる砂に埋れていく。

窓が塞がれて、車の中は暗くなっていった。


このまま砂の中に埋れてしまうのか。

そう思っているうちに、

車は完全に砂に飲み込まれ、


車内は真っ暗になった。

風の音もしなくなった。


その暗闇の中で、

僕はマギーさんの握る手のぬくもりだけを感じていた。


ここで死んでしまうのか。

マギーさんは眠ってしまっているようだ。

微かに寝息が聞こえる。


マギーさん。

マギーさん。

何度も声をかけたが反応がない。


僕は狭い車内で息苦しさを感じて、

ここから脱出しなければと考えていた。


車の窓を少しだけ開けてみた。

細かい砂がサーッと車内に入り込んでくる。


これはマズイ。

慌てて窓を締めた。


僕の身体に砂が積もっている。

どちらにしても、砂に埋もれるのか。


そう思ったとき、窓の隅から差し込む光に気がついた。

そこから微かに青空が見える。


それほど深く埋まっているわけではなさそうだ。


僕はまた少しだけ窓を開けた。

砂が勢いよく車内に入り込む。


その砂を両手ですくい、

身体をねじって、後ろの座席に捨てた。


また、少し窓を開けて、

入り込む砂を後ろの座席に移す。


砂だらけになりながら、

それを繰り返していると、

窓が全開にできるくらいになった。


僕は眠っているマギーさんを肩に抱えて、

窓から外へと這いずり出た。


外は青空が広がっていて、

一面、平らな砂の海になっていた。


マギーさんをそっと砂の上に寝かせると、

僕は辺りを見回した。


見渡す限り何もない。

僕は砂の上に腰を下ろした。


遠くに流れる雲をぼんやりと眺めた。


おまえ、そろそろ気がついたか。

そう声がして振り向くと、

そこにジャガーが座っていた。

漆黒の瞳で僕を見つめる。


こんな状況で何に気がつけばいいんですか。

僕は泣きたくなった。


しょうがない。

ちょっと歩こうか。

そう言ってジャガーは立ち上がった。


ジャガーは身体が人間で頭だけジャガーの姿になった。

白いTシャツを着てジーンズをはいている。


僕も立ち上がった。


マギーさんが心配になって、

チラッと目をやった。


大丈夫だ。心配するな。

ジャガー男はそう言って、僕の背中を叩いた。


僕たちは砂の海を歩いた。

ジャガーさんは何者なんですか。

僕は人間っぽくなったジャガーに聞いてみた。


ジャガーさんじゃないだろう。

おれはアッシュだ。

本当に忘れたのか。

ジャガー男は、やれやれと言った。


おまえは自分が何者か思い出さなければならん。

そうしないと…。

ジャガー男は、そこまで言うとピタリと止まった。


そして、身体が砂になって、サラサラと崩れ始めた。

あっという間に小さな砂山になった。


僕の身体も砂になって、サラサラと崩れ始めた。

その砂は風に乗って散っていった。


見渡す限りの砂の平原と青い空だけが残った。


そこで、僕は目が覚めた。

空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけます。それを自分の拠り所にすることで、人はその真実と共に蘇り、新しい自分として生きることを始めていきます。