15:ドライブする夢(5)


次の晩も夢を見た。


僕は走っている車に乗っている。


あら、目が覚めたの。

いつものマギーさんの声がする。


今日は光が強いようだ。

僕はマギーさんを眩しそうに見て、

ええ、と答えた。


ハンドルを持つマギーさんは、

僕を見て、いつものように、

あははっと笑った。


今日は海に行くわよ。

マギーさんは嬉しそうに言った。


車はいつもの砂漠の道を走っている。


海ですか…。

僕はちょっとさみしい気分になった。


そこが最後なのよ。

マギーさんは少し声を落として言った。


はい…。

僕はこれが最後のドライブなのかと思った。


それから二人とも黙っていた。


僕はこの時間と車の振動が好きだったと気がついた。


道の先が開けて、そこから見下ろすように海が見えた。

太陽の光で海面がキラキラしている。


水平線が緩やかな弧を描いて、

その上に白い雲がモクモクと湧き上がっている。


マギーさんは海が見える海岸沿いの道を走った。


しばらくしてから、海岸へと続く道にハンドルを切り、

砂浜で車を止めた。


マギーさんはハンドルを握って僕を見た。

どうするかは君が決めなければならないよ。

私は君を連れていくだけ。


わかってます…。

僕はそう答えた。


マギーさんは車から降りると、

海に向かって歩いていった。


僕も車から降りて、

少し離れてマギーさんの後を歩いた。

生成りのワンピースが風に揺れている。

僕は裸足で歩くマギーさんの後ろ姿を見つめた。


波打ち際でマギーさんは止まった。

僕が隣に並ぶと、僕の顔を見て笑った。


風、光、砂、闇、水。

君は何を選ぶのかしら。


僕はすぐに闇を頭に浮かべた。

でも、分かりませんと答えた。


マギーさんは、あははっと笑った。

そのまま、マギーさんは透明になり、

水の人形のようなって崩れた。


マギーさんは打ち寄せる波にさらわれて消えた。


僕は波打ち際で海風に揺られて遠くの海を見ていた。

それから、砂の上に座った。


海風の音の中に、

マギーさんの笑い声が聞こえるような気がした。


辺りが薄暗くなってきたとき、

僕の隣にジャガーが座っているのに気がついた。


ジャガーは僕の方を見て言った。

おまえは何を知っているんだ。


ジャガーの漆黒の瞳が、

強い視線で僕を捉えて離さない。


僕は自分を知っています。

僕はジャガーにそう言った。


そんなわけがあるか。

ジャガーは少し怒ったように僕を見た。


ジャガーの瞳の黒が顔中に広がって、

それは身体にまで広がり、真っ黒になった。

そして、そのまま闇に消えた。


暗い浜辺を僕の方に歩いてくる人がいる。

僕を見つけて、おーい、大丈夫かぁと声を掛けてきた。


僕は夢から覚めた。

空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。