15:ドライブする夢(4)

次の晩も夢を見た。


僕はまた走っている車に乗っていた。


あら、目が覚めたの。

そう言って、マギーさんが笑う。


今日はサングラスをしていない。

マギーさんの笑った顔にドキッとした。


ええ…。

僕はまた力なく答えた。


あははっとマギーさんは笑った。


今日はどうしようかな。

どこに行こうかな。

まだ、あそこに行ってないな。

そう独り言を言っている。


道は砂漠ではなくて、森の中の道を走っている。

道路は鬱蒼とした森に挟まれていた。

空はどんよりと曇っていた。


マギーさんはいつもどこに行っていしまうんですか、

僕を置いて。

僕はマギーさんに聞いてみた。


えっ、どこにも行ってないわよ。

マギーさんは不思議そうな顔をした。


いつでも君のそばにいるじゃない。

そう言って、あははっと笑った。


マギーさんは道路の端に車を止めた。


ドアを開けて降りると、

森の中を歩くよ、と言った。


僕も車から降りて、

マギーさんの後に付いていった。


森の中は静かだった。

物音一つしない。

静か過ぎる。


歩いているうちに暗くなってきた。


小さな広場に出た。


木を拾ってきてくれるかな。

マギーさんは僕にそう言うと、

切り株に腰を下ろして、目を閉じた。


僕は木の枝を両腕いっぱいに集めて、

広場に持ってきた。


マギーさんは目を開けて、

よしよしと言いながら、

それに火をつけて焚き火にした。


森はいつの間にか真っ暗になっている。

その暗闇に飲み込まれそうだ。


焚き火の明かりが、

頼りなげに僕たちをその闇から遠ざけている。


ここは昔、エウロパと呼ばれていたんだ。

マギーさんは僕を見て微笑んだ。


それから二人は黙って焚き火の火を見ていた。


そのうちに焚き火の火が小さくなった。

ふと、マギーさんを見ると、

身体が黒くなって森の闇に溶け込んでいく。


マギーさんは悲しそうな顔で、

私を見ないで、と言った。


僕はどうしたらいいか分からず、

どんどん黒く染まっていくマギーさんを見つめ続けた。

そして、マギーさんは闇の中に消えてしまった。


小さな焚き火だけが残った。


僕は自分の両手の手のひらを見た。

僕の身体も闇に侵されて黒くなっていく。

僕は漆黒の闇になった。


森の中からジャガーが現れた。

ゆっくりと歩きながら僕の方に来る。


そして、僕の前で座った。

焚き火の微かな光で

ジャガーの身体がチラチラと揺れる。


そして、あの漆黒の瞳で僕を見た。


森の中で、

あははっとマギーさんの笑い声が響いた。


ジャガーは一度、森の方を振り返ると、

僕の方を見て言った。


おまえは始まりに飛べるのか。

それだけ言うと、スウーッと暗闇の黒に溶けていった。


焚き火の火が消えた。


すべてが暗闇になり、

僕はそこにいるのかどうかも分からなくなった。


そこで目が覚めた。

空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。