15:ドライブする夢(3)

次の晩も夢を見た。


僕は走る車に乗っていた。

風が顔に当たる、その感触で目が覚めた。


あら、起きたの。

マギーさんの声がする。


ええ…。

僕はそう答えて、マギーさんを見た。


あははっと笑って、

マギーさんは僕の顔を見た。


車は相変わらず砂漠の中を走っている。


ここはね、昔、海だったのよ。

そう言って、マギーさんは前方を指差した。


砂漠の中をクジラが跳ねる。

砂が海のようにうねって、激しく飛沫を飛ばした。


すごい…。

僕はクジラが珍しくて、

その雄大な姿に目が釘付けになった。


たまに見かけるのよね。

そうマギーさんは言って、クシャミをした。


突然、空が真っ暗になり夜になった。

空には降るような星が無数に輝いている。

ひとつひとつの星が小さく震えていた。


うわ、すごい…。

僕は車の窓から上を見上げたまま、

その星空に見とれた。


ちょっと寒いね。

マギーさんは肩をすくめた。


車は夜中の道をヘッドライトも点けずに走っている。

それでも、星明かりで道は見えていた。


さて、どこに行くかな。

マギーさんは独り言のように言った。


僕はいつまでも星を見ていたくて黙っていた。


マギーさんは道の端に車を止めた。

そして、ドアを開けて降りると、

柔らかい砂漠の砂の上に大の字で寝っ転がった。


僕も車を降りて、

マギーさんの隣りで同じように大の字になった。


満天の星空が遮るものなく目の前に広がっている。


砂がヒンヤリして気持ちがいい。

僕の身体を優しく包み込んでいく。


こうしてずっと見ていたい。


しばらくして、

ふと隣りを見ると、マギーさんがいなくなっていた。

車もなくなっていた。


まあ、いいか。


そう思ったが、僕の身体もなくなって、

砂になっていた。


そこには砂と空気と夜空だけがあった。

僕はそれを眺めていた。


遠くで、あははっと笑うマギーさんの声がした。


コンビニの店員さんの笑うんだよというセリフを思い出した。

僕もあははっと笑ってみた。


笑い声は空気を振動させて、

砂漠に響き渡った。


夜空の星たちからも、小さな笑い声が起こった。

夜空はたちまち笑い声でいっぱいになった。


そして、静かになった。


ジャガーが音もなく僕に近くに来て座った。

砂になった僕を黒い瞳でじっと見ている。


僕は砂になったので、

何の恐怖心もなかった。


ジャガーの目の深い黒色が美しいと思った。


ジャガーは空を見上げると、

一瞬にして砂になって、サーッと崩れた。

それで僕とジャガーはひとつになった。


僕は目が覚めた。

空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけます。それを自分の拠り所にすることで、人はその真実と共に蘇り、新しい自分として生きることを始めていきます。