15:ドライブする夢(2)


次の晩の夢。 


僕はまた走っている車の中で目が覚めた。  

やっぱり夢の中で目が覚めた感覚がある。 


眠っているのに目が覚めるとは変な感じだ。 


あら、目が覚めたの。 

マギーさんが昨晩と同じ格好で運転していた。 


えぇ、 僕はそう言って、マギーさんを見た。  

相変わらず髪の毛が風に踊っている。 


ドリンクホルダーに水のペットボトルがあった。 

昨日、コンビニで持ってきたやつか。 

僕はそれを手にして、一口飲んだ。 


マギーさんは、それをチラッと見て、 

あははっと笑った。 


車は砂漠の道を走っている。 


今日はどこに行こうか。 

マギーさんが僕に尋ねた。 


さあ、分かりません。 

夢の中ならなんでもありか。 

でも、僕はどこも思いつかなかった。 


じゃあ、山の上とかどうかな。 

この世界の風景とか見たいでしょ。  

マギーさんは運転中なのに、 

僕の方をマジマジと見て、 

ネッと、と言って笑った。 


結構なスピードで車は走っている。 

夢とはいえ、ちゃんと前を見て運転して欲しい。 


いいですね、山の上。 

山の上に行きたいです。 

僕はちゃんと前を向いて欲しくて、そう早口で答えた。  


マギーさんは、あははっと笑って、

じゃあそうしようと言って前を向いた。 


マギーさんは、ハンドルを切って横道に入った。 

薄茶色の丘を登っていく山道を走らせる。 


緩やかなカーブが何回も続いていく。 

樹木がないので、見晴らしがいい。 


車がどんどん高く登っているのが分かった。 

今まで走ってきた砂漠の一本道が眼下に見える。 


そして、何もない山の頂に着いた。 

そこは割りと広々としている。 


マギーさんはそこで車を止めると、 

ドアを開けて外に出た。 

そして、あーあ、と言いながら背伸びをした。 


僕も車を降りて、そこからの景色を眺めた。 

ちょうど砂漠に日が落ちてくところだ。 


その夕日の光で、

すべての景色がオレンジ色に染まっている。 


きれいだなぁ。 

僕は独り言のように言った。 


マギーさんが僕の方をちらっと見て、 

あははっと笑った。  


僕は眺めを求めて、そこから少し歩いた。 

腰を下ろせる小さな岩を見つけて座った。 


そこから、日が落ちていく景色を眺めた。  

空の高いところを、数羽の鳥たちが飛んでいった。 

日が沈む直前に雲が燃えるように赤くなった。 


そして、日が落ちると辺りは暗くなっていった。 


ふと後ろを振り向くと、 

そこにはマギーさんも車もなかった。 


また置いてけぼりかぁ。 

そう思って、前を向いたとき、 

僕の目の前に大きなジャガーが座っていた。 


ジャガーは無表情で僕をじっと見ている。  

こんな状況は想定していなかった。 


身体から嫌な汗が吹き出してくる。  

僕は動いたら殺されるかもしれないと思った。 


ジャガーは肉食動物特有の殺気を放っている。  

これは夢だと分かっていても、緊張せずにいられない。 


僕はじっとジャガーの目を見て、 

刺激しないようにじっとしていた。 


あははっと、どこかでマギーさんの笑い声がした。 


僕は目が覚めた。


(続く…) 

空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。