15:ドライブする夢(1)

それは夢だった。 

夢だったが、とても明晰だった。 


夢の中で、僕は車の助手席に座っていた。 

運転していたのは若い女性だ。  


その女性はサングラスをして、 ハンドルを握っている。

窓から巻き込む風に髪の毛が踊っていた。  


すぐに僕はこれが夢だと分かった。 

ただ、夢にしてはリアルだなと思った。 


窓の外は砂漠だった。 

太陽の光が眩しい。 


あら、起きたの。 

女性はそう声をかけてきた。 


えぇ。 

僕は戸惑って、誰だか知らない女性に力なく返事をした。 


窓から風の音が強くて、 

声が女性に届いたか分からない。 


それでも、女性は私をチラッと見て、 

聞こえたかのようにニコッと微笑んだ。 


私はマギー、君は…。 


あっ、僕はジンです。 


マギーさんは、あははっと笑った。 

なぜ笑ったのか分からない。 


そのまま、二人は黙った。 

車の中の風の音だけが過ぎ去っていく。 


あのぅ、どこに行くんですか。 

僕はふとマギーさんに聞いてみた。 


さあ、どこかなぁ。 

マギーさんはそう言って、あははと笑った。 


道は砂漠の一本道で、 

それはずっと先の薄茶色い丘の向こうへと続いている。 


周りには何もない。 


突然、マギーさんは車速を緩めた。  

ちょっとコンビニに寄ってくね。 

そう言って、ハンドルを切った。 


砂漠かと思ったそこは、 

コンビニの駐車場だった。 


ああ、これは夢なんだ。 

何でもありだ。 


さあて、食べ物と飲み物を調達するよ。 

そう言って、マギーさんは車を降りた。 


僕もマギーさんに付いていった。 


コンビニは特に変わったところはない。 


ただ、店員さんやお客さんが、 

マギーさんを見て笑顔になった。 


こんにちは、マギーさん。 

マギーさん、どうも。 

そう、にこやかに声をかける。 


マギーさんは、そんな声に軽く頷くだけだ。 


店の中をキョロキョロ見回しながら歩き、 

商品をいろいろと腕に抱えていく。 


僕はペットボトルの水を手に取った。 


なんだ、それだけでいいのか。 

マギーさんはサングラスをずらして、 

その奥の目で僕を見てそう言った。  


ええ、でも、僕お金持ってないですよ。 

そう言うと、マギーさんは、あははと笑った。  


マギーさんは笑いながら、 

そのまま商品を抱えて車に乗り込んだ。 


だれも何も言わない。 


僕はペットボトルを持ったまま、

どうすればいいか困惑した。 


店員さんに、これもいいんですかと 

ペットボトルを見せて聞いた。 


良いわけないだろう。 

店員さんはそう言って僕を睨んだ。 


やっぱり、そうですよね…。 

僕はペットボトルを戻そうとした。 


そうじゃない。 

店員さんは僕の腕をつかんで引き止めた。 


笑うんだよ。 

そう言う店員さんの顔は笑っていない。 


えっ、あっ、はい、 

僕は店員さんに向かって、 

ぎこちなく、あははと笑った。 


店員さんは、ニッコリして、 

気をつけてな、と言った。 


どうも…。 

僕はそう言って、店を出て車に向かった。 


だけど、そこに車もマギーさんもいなかった。 


そこで目が覚めた。 


(続く…)

空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけます。それを自分の拠り所にすることで、人はその真実と共に蘇り、新しい自分として生きることを始めていきます。