シャーマン



ジャプー ヒーリング



2001年2月、私は瞑想コースの受講のため、タイのチェンマイに6週間滞在。そのときに、サンカンペーンの近くのサラーという場所に毎晩のように通いました。サラーにはパチュリさんといういわゆる霊媒師(わかりやすく言うなら)がいて、夜8時頃になるとジャプーという存在がパチュリさんの身体に降りてきます。そして、そこに集まった人々の悩みごとの相談を受けたり、身体の調子の悪い人にヒーリングをしたり、悪霊にとりつかれている人の除霊をしたりします。


サラーに通っている時に、私はそこで瞑想をしたり、幾つかの儀式を受けたりしました。そして、20日後にジャプーから施術を許可されたのがジャプーヒーリングという、シャーマニックなヒーリングです。このヒーリングは5要素を使います。空、風、火、水、土の5つです。ヒーリングでこの純粋な5要素を使うことによって、身体の中の不浄なものが浄化されると言われています。サラーではいろいろなヒーリングが行われていますが、私が伝授されたのはタバコを使うスモークヒーリングと象の骨で身体をこするボーンナイフです。



スモーク:サラーで作られた特別なタバコを使ってヒーリングをします。タバコは土と火の要素、煙は風の要素、マントラは空の要素とのこと。これらの純粋な要素をヒーリングで使い、身体の悪いものを外に出していきます。



ボーンナイフ:身体の悪いところに水(あるいはオイル)をつけて、象の骨でできた棒でこすります。悪いものがあると赤くアザのように浮き出てきます。



ジャプーヒーリングはヒーリングの儀式であり、治療ではありません。また特定の効果を保証するものでもありません。タバコを使ったり、棒で身体を擦ったりするので、ご自身でよくご理解してから受けるようにしてください。




滝行



2011年から御岳山で滝行をしています。神道式の作法で静山荘の橋本氏の指導のもと綾広の滝での行になります。私にとって滝行とは、特別な修行というより、自然とひとつになる感覚が好きで行っています。自然の中に行くだけで心身にエネルギーが満ちてくる気がします。滝行と瞑想を合わせた宿泊の瞑想会も行っています(カレンダーにてご案内しています)。



静山荘から歩いて30分ほどのところにある綾広の滝。午後3時からと翌日6時30分からの2回滝行をします。朝の滝行はとても気持ちいです。水量はそれ程でもありませんが、上流にあるため水がとても清浄な気がします。